logotitle191110.png

栄養士コラム VOL.16 『減塩表示を正しく理解しよう』

最近は健康志向の高まりから「減塩」と表示された食品が増えてきました。

「減塩食品」は通常の食品より塩分量が少なくなるよう配慮された食品なので、普段の食事にも

上手に取り入れていきたい食品ですが、表示基準に注意点があるため過信は禁物です。

そもそも、栄養表示基準では、以下のどちらかの条件を満たすことで「減塩」と表示できます。


つまり、同じメーカーが出している同様の商品と比較した場合の「減塩」として販売されている食品もあり、減塩食品すべてが必ずしも塩分量が少ないということではありません。

例えば、某食品メーカーの味噌汁は以下の通りです。

通常    :ナトリウム857mg(塩分2.2g)

減塩タイプ:ナトリウム574mg(塩分1.5g)

この食品は相対表示の条件を満たすことで減塩と表示されています。しかし、一般的な味噌汁は1杯あたり約15gなので、減塩タイプ味噌汁の塩分量がとても少ないかと言われるとそうではないのです。


減塩食品を購入するときには、パッケージの栄養成分表示の「ナトリウム」の量をチェックし、

前回のコラムで紹介したようにナトリウムと塩分を換算して塩分量を把握するようにしましょう。

最新記事

すべて表示

1年で一番ご馳走を食べる機会の多い、華やかな季節です。 しかし、この時期をきっかけに、体重が増えて戻らなくなることもあります。一時的な食べ過ぎは、日常生活に戻れば体重に大きな影響はないでしょう。 しかし、多めに食べることが習慣となってしまうと、体重に影響が出やすくなります。早めに食生活を立て直すポイントをまとめました。 お心当たりがある場合は参考にして頂けたらと思います。 栄養バランスを見直す 栄

心地よい冬晴れも続くようになりました。 この時期はごちそうを食べる機会も増えて華やかな季節です。 しかし、その一方で、体重や血糖コントロールを難しく感じることもあるかもしれません。そんな年末年始でも過ごし方を少し工夫することで、体の軽やかさを保つことができますので、いくつかご紹介します。 おもちの数を気にしてみましょう 四角い切り餅(50g市販の個包装)なら2つでご飯茶碗1杯(150g)とほぼ同量

紅葉が鮮やかな季節となりました。 秋が深まり気温が少しずつ下がってくると、ラーメンやうどんなど温かい汁物が美味しく感じられます。 めん類は、種類も豊富で多くの方に好まれる食べ物です。 しかしその一方で、次のような特徴もあります。 ・塩分が多い(特に汁)、 ・炭水化物や脂質が多くなりやすい ・たんぱく質や野菜が少なりやすい この特徴から、めん類は食事バランスが乱れやすいとも言えます。 バランスが乱れ