logotitle191110.png
  • 戸塚西口さとう内科

栄養士コラム VOL.44 『外食・中食はどう食べればいい?』


普段、生活をしているとどうしても3食自宅で食事を食べることが難しい場合が多くあると思います。 外食やテイクアウトのような中食のメニューには高い利便性がある反面、炭水化物(ご飯、麺、パンなど)やたんぱく質(肉、魚など)だけの組み合わせが多く、バランスが乱れがちです。また、揚げ物や濃い味付けなど、エネルギーアップのもととなる調理法も多く、注意が必要となってきます。

今回は、そんな時どのように食事を摂ればバランスが整うのかお話ししたいと思います。

①主食・主菜・副菜の揃った定食スタイルがおすすめ!  

 焼き魚定食や生姜焼き定食など皿数が多いものを選ぶことがおススメです。また主食(ごはん)の量は減らしたり、雑穀米に変更するなどすると更に糖質の摂りすぎを防ぐことができます。



②単品料理を選ぶときは具材の多いものを選んだり、 野菜のおかずをプラスするなどの工夫を!

 例えば、カツ丼を少し残して、その代わりに野菜を中心とした副菜を1品追加。



③洋食や中華よりエネルギーが低めの和食に

 ただし、和食の時は、漬物や味噌汁などによる塩分の摂りすぎに注意が必要です。



④エネルギー量や栄養成分表示をチェック!

 最近ではメニュー表やパッケージの裏面にエネルギーや塩分、炭水化物量などが記載されている  ものが多くあります。どちらにしようか迷ったら数字が低いものを選ぶようにすると良いでしょう。

最新記事

すべて表示

栄養士コラム VOL.53 『たんぱく質摂っていますか?』

テレビや雑誌で色々健康についての情報が溢れていますが、健康的な生活を送る上で欠かせないのはバランスの良い食事です。 糖質を抑える、適量を食べる。などはなんとなくわかりますが、その他の栄養素はどのように摂ればよいのでしょうか?今日はそのあたりについてお話ししたいと思います。 ①たんぱく質の目安量 1日3回の食べたいたんぱく質の目安量は概ね『大皿1つ分の肉や魚』と言われています。 卵なら1つ程度。肉は

栄養士コラム VOL.52 『知っていますか?練り製品のこと』

練り製品と聞いてもいまひとつピンとこない方も「さつま揚げ」や「はんぺん」「かまぼこ」と言った言葉を聞くとすぐにあぁ!と思う方も多いのではないでしょうか? 今回は、そんな練り製品についていくつかご紹介したいと思います。 ①魚のすり身から作られている。 練り製品は一般に白身魚が原材料として使用されており、それをすり身にしたものと食塩を加えて練ったものをそう呼んでいます。また、味を美味しくするためにでん

栄養士コラム VOL.51 『蕎麦に含まれる糖質について』

朝晩はだいぶ涼しくなり、温かい麺類も美味しく頂ける季節となってきました。 今回はそばの糖質量について調べました。 ごはん1杯(糖質量55g:女性用ごはん茶碗1杯程度)と比較しながら見ていきましょう。 そばはそれぞれ1人前分をまとめて販売されていることが多いようです。 炭水化物量は、そば(乾麺)1束100gの場合、67g、そば(生)1玉120gの場合、65gです。 どちらの炭水化物量も、ご飯茶碗1杯