logo_icon.png

​予防接種

肺炎球菌ワクチン(事前にご連絡ください)

肺炎球菌の予防が大切な理由
日本人の死因の第4位は肺炎です。その肺炎のなかで一番多い病原菌は肺炎球菌です。近年、多剤耐性の細菌が問題となり抗生剤が効きにくい肺炎が増えてきています。肺炎球菌ワクチンは、免疫力をつけて肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し重症化を防ぎます。インフルエンザワクチンと併用することでご高齢の方が肺炎となり入院する確率を30~60%減らすことができるとの報告があります。 

次のような方は肺炎球菌ワクチン接種が勧められています
65歳以上の高齢者  養護老人ホームなどの施設に入居されている方々  心臓、呼吸器、肝臓、腎臓等に持病をお持ちの方々。  糖尿病の方  脾臓を摘出した方
接種間隔と費用
摂取すると約5年間は効果があり、再接種する必要はありません。一部の患者さんを除き、自費負担の薬となります。当院では7500円で接種しております。 インフルエンザワクチンとは1週間以上間隔をあける必要があります。

副作用 
どんな薬にも少ない確率ですが副作用があります。肺炎球菌ワクチンの最も高頻度な副作用は接種部位の腫れ、疼痛、かゆみ等です。重篤な副作用の起こる可能性は少ないお薬ではありますが、その他の副作用には下記のようなものがあります、副作用が心配という方ご相談ください。

表1

vactin.png