logotitle191110.png
  • 戸塚西口さとう内科

栄養士コラム VOL.7 『春野菜を食べよう』

旬の野菜はおいしく、栄養価も高いです。

今回は、今の時期においしい春野菜をご紹介します。

【たけのこ】


小ぶりでずっしりしていて、皮は淡黄色でツヤの良いものが良いです。

切り口は変色しておらず、みずみずしく白いものを選びましょう。

やわらかい先端部分は、酢の物やあえ物に、穂先は炊き込みご飯に、

歯ごたえのある真ん中は煮物や炒め物など幅広く使えます。

食物繊維が豊富に含まれています。

【キャベツ】


葉の緑色が濃く鮮やかでツヤとハリがあるものが新鮮です。

春キャベツは冬キャベツと比べて葉の巻きがゆるく葉質が柔らかく、

みずみずしいので生食向きです。

水に放すとパリッとしますが、ビタミンCが流れてしまうので、ほどほどにしましょう。

【アスパラガス】


緑が鮮やかで、全体にハリがあるものが新鮮です。

カロテン、ビタミンC、E、B群が豊富に含まれています。

疲労回復の効果のあるアスパラギン酸も多く含まれています。

また、穂先に含まれているルチンは、毛細血管を丈夫にする働きがあり、

動脈硬化の予防に効果があるといわれています。