logotitle191110.png

栄養士コラム VOL.53 『たんぱく質摂っていますか?』

テレビや雑誌で色々健康についての情報が溢れていますが、健康的な生活を送る上で欠かせないのはバランスの良い食事です。 糖質を抑える、適量を食べる。などはなんとなくわかりますが、その他の栄養素はどのように摂ればよいのでしょうか?今日はそのあたりについてお話ししたいと思います。

①たんぱく質の目安量

1日3回の食べたいたんぱく質の目安量は概ね『大皿1つ分の肉や魚』と言われています。 卵なら1つ程度。肉は4切れ程度、魚は切り身1切れ程度、毎食いずれかを食べられると良いでしょう。

ただし、肉を食べる際にバラ肉やカルビと言った白い部分(脂身)を多く含んだ肉はたんぱく質ではなく脂の仲間に含まれてしまうので、注意が必要です。

②植物性?動物性?

たんぱく質の仲間 たんぱく質には植物性と動物性の2種類にわけることができます。

動物性たんぱく質は肉、魚、卵など動物から摂ることが出来るたんぱく質のことを言います。

植物性たんぱく質は納豆、枝豆、豆腐など豆から作られるたんぱく質のことを言います。特に大豆は「畑の肉」とも言われており、たんぱく質が豊富に含まれているので納豆や豆腐など大豆製品は積極的にとりたいところですね。

また、大豆製品に含まれる「イソフラボン」という成分は、強い抗酸化作用をもち、コレステロール値の上昇を抑えるポリフェノールの一種ですので、たんぱく質を摂りたいけど、肉を食べるとコレステロールがまた上がってしまう…と気になる場合はぜひ、大豆製品である豆腐や納豆を摂るようにしてみてはいかがでしょうか?



最新記事

すべて表示

栄養士コラム VOL.55『果物、どのくらい食べる?』

空が気持ちよく澄みわたり、秋風が心地よく感じるようになりました。 実りの季節を迎え、様々な果物が店頭に並んでいるのを見かけます。 私達日本人は、昔から旬の食べ物を食べて四季の移り変わりを楽しんできました。また旬の果物は栄養価も高まることから、ぜひ生活に取り入れたいものです。 ただ、果物はカロリーや糖質が多いという側面もあります。 最近の果物は糖度が高く、血糖の上昇や血中の中性脂肪の増加を招く場合が

栄養士コラム VOL.54 『魚、食べてますか?』

魚は、高タンパク質、低脂肪、血管や健康維持の効果で注目されているEPAという不飽和脂肪酸も豊富に含まれますので、ぜひ食べて頂きたい食品の1つです。 その一方で、魚は肉よりも野菜の付け合わせが付けにくい、料理方法や味付けが同じようになりやすいなどの難点があります。 ですので、お肉とお魚をバランスよく食べたほうがいいけど、ついついお肉を選んでしまう・・・ そんな方も多いのではないでしょうか。 そこで、

栄養士コラム VOL.52 『知っていますか?練り製品のこと』

練り製品と聞いてもいまひとつピンとこない方も「さつま揚げ」や「はんぺん」「かまぼこ」と言った言葉を聞くとすぐにあぁ!と思う方も多いのではないでしょうか? 今回は、そんな練り製品についていくつかご紹介したいと思います。 ①魚のすり身から作られている。 練り製品は一般に白身魚が原材料として使用されており、それをすり身にしたものと食塩を加えて練ったものをそう呼んでいます。また、味を美味しくするためにでん

戸塚駅西口より徒歩3分

糖尿病
糖尿病とは
糖尿病の治療
シックディ
糖尿病の栄養相談
糖尿病看護師指導(フットケア)
糖尿病の合併症(インポテンツ)

腎臓疾患

腎不全

予防接種

肺炎球菌ワクチン

健康診断のご案内

内視鏡検査のご案内

各種ワクチン 応相談 

お気軽にお声かけください。

echo.png
xraybutton.png
dietician-column.png
nurse_column.png
gaikan.jpg