logotitle191110.png

栄養士コラム VOL.48 『気にしていますか?プリン体』


テレビやCMなどでも話題に上るプリン体。

なんとなく体に悪いことはわかりますが、では一体どういった食品に含まれ、何が良くないのか。

今回はそんなプリン体についてご紹介したいと思います。

①プリン体って?

プリン体とは私達の身体の細胞にある成分の1つです。あらゆる生物の細胞内に存在するため、実はほとんどの食品に含まれています。また食品から摂取するだけでなく、体内でも日々産生されています。 プリン体が体内で過剰に増えることにより尿酸値が上がり、結果として痛風などの症状が表れます。

②プリン体の摂取量

高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)によるとプリン体の1日の目安量は400mgと言われています。プリン体は大きくわけて白子・レバー等と言った食物を摂取することによって増えるもの(外因性)とカロリーの過剰摂取が原因となり体内で作られるもの(内因性)の2つに分けることができます。このことからもプリン体を多く含む食材の摂りすぎを防ぐことはもちろんですが、カロリーの過剰摂取にも気を付けなければならないことがわかります。

③食品のプリン体含有量(100gあたり)

では、最後にプリン体が比較的多く含まれている食品をご紹介したいと思います。



このように食材によって大きく含有量が異なります。賢く選んでプリン体の摂り過ぎを防ぎたいですね。

最新記事

すべて表示

栄養士コラム VOL.55『果物、どのくらい食べる?』

空が気持ちよく澄みわたり、秋風が心地よく感じるようになりました。 実りの季節を迎え、様々な果物が店頭に並んでいるのを見かけます。 私達日本人は、昔から旬の食べ物を食べて四季の移り変わりを楽しんできました。また旬の果物は栄養価も高まることから、ぜひ生活に取り入れたいものです。 ただ、果物はカロリーや糖質が多いという側面もあります。 最近の果物は糖度が高く、血糖の上昇や血中の中性脂肪の増加を招く場合が

栄養士コラム VOL.54 『魚、食べてますか?』

魚は、高タンパク質、低脂肪、血管や健康維持の効果で注目されているEPAという不飽和脂肪酸も豊富に含まれますので、ぜひ食べて頂きたい食品の1つです。 その一方で、魚は肉よりも野菜の付け合わせが付けにくい、料理方法や味付けが同じようになりやすいなどの難点があります。 ですので、お肉とお魚をバランスよく食べたほうがいいけど、ついついお肉を選んでしまう・・・ そんな方も多いのではないでしょうか。 そこで、

栄養士コラム VOL.53 『たんぱく質摂っていますか?』

テレビや雑誌で色々健康についての情報が溢れていますが、健康的な生活を送る上で欠かせないのはバランスの良い食事です。 糖質を抑える、適量を食べる。などはなんとなくわかりますが、その他の栄養素はどのように摂ればよいのでしょうか?今日はそのあたりについてお話ししたいと思います。 ①たんぱく質の目安量 1日3回の食べたいたんぱく質の目安量は概ね『大皿1つ分の肉や魚』と言われています。 卵なら1つ程度。肉は

戸塚駅西口より徒歩3分

糖尿病
糖尿病とは
糖尿病の治療
シックディ
糖尿病の栄養相談
糖尿病看護師指導(フットケア)
糖尿病の合併症(インポテンツ)

腎臓疾患

腎不全

予防接種

肺炎球菌ワクチン

健康診断のご案内

内視鏡検査のご案内

各種ワクチン 応相談 

お気軽にお声かけください。

echo.png
xraybutton.png
dietician-column.png
nurse_column.png
gaikan.jpg