top of page
logotitle191110.png
  • 戸塚西口さとう内科

栄養士コラム VOL.4 『バランスの良い食事とは?』

糖尿病の食事療法は特別な食事があるのではなく、バランスよく規則正しい食事をすることです。

食べてはいけないものはほとんどなく、糖尿病に特に良い食品もありません。

では、バランスよく食べるにはどのような献立が良いと思いますか?

バランスよく食べる簡単な方法は、

「主食・主菜・副菜」のそろった献立にすることです!


特に朝は時間がないからと、おにぎりやパンなどの主食のみになっていませんか?

毎食「主食・主菜・副菜」のそろった献立になるとよいですね。

最新記事

すべて表示

看護師コラム VOL.6『24時間蓄尿検査』

24時間蓄尿検査とは、1日の尿をすべて溜めてその一部を提出する検査です。蓄尿検査をすることで腎機能、1日の尿蛋白排泄量、塩分摂取量、たんぱく質摂取量がわかります! クレアチニンクリアランス値(腎機能をみる値) クレアチニンクリアランス値(mL/分) =尿中クレアチニン(mg/dL)×尿量(mL)/血清クレアチニン(mL/分)/1440×1.73/体表面積 1日の尿蛋白排泄量 1日の尿蛋白排泄量=尿

栄養士コラム VOL.58『お正月太り、大丈夫でしたか?』

1年で一番ご馳走を食べる機会の多い、華やかな季節です。 しかし、この時期をきっかけに、体重が増えて戻らなくなることもあります。一時的な食べ過ぎは、日常生活に戻れば体重に大きな影響はないでしょう。 しかし、多めに食べることが習慣となってしまうと、体重に影響が出やすくなります。早めに食生活を立て直すポイントをまとめました。 お心当たりがある場合は参考にして頂けたらと思います。 栄養バランスを見直す 栄

栄養士コラム VOL.57『年末年始の過ごし方のコツ』

心地よい冬晴れも続くようになりました。 この時期はごちそうを食べる機会も増えて華やかな季節です。 しかし、その一方で、体重や血糖コントロールを難しく感じることもあるかもしれません。そんな年末年始でも過ごし方を少し工夫することで、体の軽やかさを保つことができますので、いくつかご紹介します。 おもちの数を気にしてみましょう 四角い切り餅(50g市販の個包装)なら2つでご飯茶碗1杯(150g)とほぼ同量

Comments


bottom of page