logotitle191110.png
  • 戸塚西口さとう内科

栄養士コラム VOL.12 『水分補給② ~何を飲んだらいい?~ 』

前回は水分補給の重要性について取り上げましたが、今回は何で水分補給をしたらよいかについて取り上げたいと思います。

運動をしない場合には水やお茶で水簿補給を行い、コーヒーやアルコールは利尿作用があるため水分補給として飲むのは控えましょう。


運動をして汗を大量にかく場合にはナトリウムも一緒に補給することが大切です。 しかし、一般的なスポーツ飲料は果糖やブドウ糖を含んでいるため血糖値や中性脂肪が気になる方には適しません。最近では人工甘味料を使用した0kcalのスポーツ飲料が販売されているのでスポーツドリンクを飲む場合には栄養表示を確認して選ぶようにしましょう。ちなみに…0kcal、ゼロ、ノン、レスと表示されている飲料は100mlあたり5kcal未満となっています。

減塩に取り組んでいる方は水分でナトリウムを補給することに抵抗があるかもしれませんが、熱中症のような急性の症状と血圧のコントロールのような長期的に治療する疾患は分けて考えるべきなので、大量の発汗時にはナトリウムを補給し、食事の際は減塩に取り組むようにしましょう。

最新記事

すべて表示

栄養士コラム VOL.53 『たんぱく質摂っていますか?』

テレビや雑誌で色々健康についての情報が溢れていますが、健康的な生活を送る上で欠かせないのはバランスの良い食事です。 糖質を抑える、適量を食べる。などはなんとなくわかりますが、その他の栄養素はどのように摂ればよいのでしょうか?今日はそのあたりについてお話ししたいと思います。 ①たんぱく質の目安量 1日3回の食べたいたんぱく質の目安量は概ね『大皿1つ分の肉や魚』と言われています。 卵なら1つ程度。肉は

栄養士コラム VOL.52 『知っていますか?練り製品のこと』

練り製品と聞いてもいまひとつピンとこない方も「さつま揚げ」や「はんぺん」「かまぼこ」と言った言葉を聞くとすぐにあぁ!と思う方も多いのではないでしょうか? 今回は、そんな練り製品についていくつかご紹介したいと思います。 ①魚のすり身から作られている。 練り製品は一般に白身魚が原材料として使用されており、それをすり身にしたものと食塩を加えて練ったものをそう呼んでいます。また、味を美味しくするためにでん

栄養士コラム VOL.51 『蕎麦に含まれる糖質について』

朝晩はだいぶ涼しくなり、温かい麺類も美味しく頂ける季節となってきました。 今回はそばの糖質量について調べました。 ごはん1杯(糖質量55g:女性用ごはん茶碗1杯程度)と比較しながら見ていきましょう。 そばはそれぞれ1人前分をまとめて販売されていることが多いようです。 炭水化物量は、そば(乾麺)1束100gの場合、67g、そば(生)1玉120gの場合、65gです。 どちらの炭水化物量も、ご飯茶碗1杯