戸塚西口さとう内科 糖尿病 腎炎 腎不全 甲状腺

栄養士コラム VOL.22 『めん類の食べ方』

 

今回はめん類の食べ方について考えてみましょう。vol22 figure1
下記のような食べ方をしている人はいませんか?

 

 

ラーメンとチャーハン、うどんとおにぎりの組み合わせで食べる → ×

食後すぐに血糖値を上げるのは炭水化物です。めん類とごはんは主に炭水化物を含む食品ですので、食後の高血糖につながると考えられます。たんぱく質の供給源となる魚、肉、卵、大豆製品、そして、ビタミン・ミネラルの供給源となる野菜、きのこ、海藻類と組み合わせて食べることをお勧めします。めん類を食べるときは野菜摂取が不足することが多いため注意しましょう。

スープはすべて飲む → ×

ラーメンのスープは1杯あたり8g程度の塩分が含まれています。糖尿病や高血圧の患者さんは塩分摂取量を1日6g未満にすることが目標なので、ラーメンの塩分と比較するとかなり塩分が多いことがわかります。うどんやそばも同様に、スープは必ず残すようにしましょう。

クリーム系のパスタを選ぶ → ×

パスタは具やソースによってエネルギーはまちまちで、和風のパスタは比較的低エネルギーです。エネルギーの高いカルボナーラやクリーム系のソースは控えてください。また、「オリーブオイルは積極的に摂ったほうが良い」と思われている方も多いですが、エネルギーはサラダ油と一緒なので、使う量には注意が必要です。

めん類は噛まずに飲み込むように食べている → ×

つるつるとのどごしが良いので、早食いしてしまい、つい食べ過ぎてしまいがちです。めん類を食べるときも、良く噛んでゆっくり食べることを心がけましょう。

 

◆ まとめ ◆ ・主食+主食の組み合わせはせず、栄養バランスに気を付けて食べる ・スープは残す ・クリーム系のパスタは高エネルギーのため控える ・良く噛んでゆっくり食べる

 

ちなみに・・・

めん類の1食あたりの摂取目安量 (指示エネルギー:1800kcalの場合)

うどん(ゆで) 320g
うどん(干し) 80g
そば(ゆで) 240g
スパゲティ―(ゆで) 200g
スパゲティ―(干し) 80g
中華めん(蒸し) 160g

計量して食べましょう!