戸塚西口さとう内科 糖尿病 腎炎 腎不全 甲状腺

栄養士コラム VOL.50 『食べ過ぎていませんか? 意外な糖質』

 

連日テレビで話題となっている『糖質』みなさんもご飯に多く含まれるということや、主食は糖質に分類されるなど色々な知識が日々増えているのではないでしょうか?
今日は、意外と知られていない主食以外の糖質についてお話ししたいと思います。

 

①実はこれも糖質だった!?

スーパーの野菜コーナーに売られている芋や野菜類。実はこれらの中にも糖質をふんだんに含んだものがあります。代表的なのが「カボチャ、ジャガイモ、れんこん、ごぼう、サツマイモ、長芋」などです。
またそらまめ、グリーンピース、とうもろこしなども糖質を多く含んでいます。これらは缶詰でも糖質の量は変わりませんので注意が必要です。
また果物全般にも多くの糖が含まれているので適量を守るようにしましょう。

 

②どちらが多い?

ご飯と比較 主食になるもの以外にも糖質が多い食べ物はあるということはおわかりいただけたかと思います。 次はご飯と比較した時にどの程度糖質量やカロリーに差があるのかご紹介したいと思います。
※ご飯1杯を100gで168kcal、糖質37gとしています。

 vol50 figure01

こうしてみると意外におかずとして食べている芋にもカロリー、糖質が多く含まれていることがわかります。せっかくご飯の量に気を付けても芋を沢山食べることによって糖質やカロリーオーバーになることがあるので、食べる量に気を付けたり普段よりもご飯の量を減らしてみるのもよいでしょう。