戸塚西口さとう内科 糖尿病 腎炎 腎不全 甲状腺

栄養士コラム

栄養士コラム VOL.12 『水分補給② ~何を飲んだらいい?~ 』

 

前回は水分補給の重要性について取り上げましたが、今回は何で水分補給をしたらよいかについて取り上げたいと思います。図
運動をしない場合には水やお茶で水簿補給を行い、コーヒーやアルコールは利尿作用があるため水分補給として飲むのは控えましょう。

 

運動をして汗を大量にかく場合にはナトリウムも一緒に補給することが大切です。 しかし、一般的なスポーツ飲料は果糖やブドウ糖を含んでいるため血糖値や中性脂肪が気になる方には適しません。最近では人工甘味料を使用した0kcalのスポーツ飲料が販売されているのでスポーツドリンクを飲む場合には栄養表示を確認して選ぶようにしましょう。ちなみに…0kcal、ゼロ、ノン、レスと表示されている飲料は100mlあたり5kcal未満となっています。

 

減塩に取り組んでいる方は水分でナトリウムを補給することに抵抗があるかもしれませんが、熱中症のような急性の症状と血圧のコントロールのような長期的に治療する疾患は分けて考えるべきなので、大量の発汗時にはナトリウムを補給し、食事の際は減塩に取り組むようにしましょう。

栄養士コラム VOL.11 『水分補給① ~こまめに水分補給をしよう~ 』



いよいよこれから本格的に夏が始まりますね。
夏に備えて水分補給について正しい知識を身につけましょう。

vol11 fig


そもそも脱水とは体内の水分量が減少した状態のことを言います。私たちの身体は約60%が水分によって構成されていますが、2%を超える水分が失われたときに脱水症が出現します。特に、高齢者の体内水分量がは50-55%と元々の量が少ないため、より注意が必要です。


表のように、失う水分量が多いほど脱水症は命に係わる症状が出現します。のどが渇くのは体内の水分が足りないというサインですが、夏の猛暑ではのどの渇きを感じてから水分補給をしても間に合わないことが多いので、のどが渇いた…と思う前に少しずつ何度も飲むようにしましょう。運動をする場合は運動をする前にも十分に水分補給をしておくことが大切です。

 

表. 水分損失率と脱水諸症状(一部)

水分損失率 症状
1% 大量の発汗、のどの渇き
2% 強い渇き、めまい、吐き気、ぼんやりする、重苦しい、食欲減退、尿量減少
3% 3%を超えると汗が出にくくなる
4% 全身脱力感、動きの鈍り、感情鈍麻、精神不安定
6% 手先のふるえ、頭痛、ふらつき、混迷
8% 幻覚、呼吸困難、めまい、言語不明瞭、疲労増加、精神錯乱、
10~12% 筋けいれん、失神、腎機能不全
15~17% 皮膚がしなびる、嚥下不能、目がくぼむ、目の前が暗くなる、聴力損失
18% 皮膚のひび割れ、尿生成の停止
20%以上 生命の危険、死亡

水分損失が3%を超えると汗が出にくくなるのは、
これ以上水分が失われないようにと体の防御システムが働くためです

 

 

栄養士コラム VOL.10 『これからの季節、食事バランスは大丈夫? 』

 

暑くなり、そうめんやざるうどんなどを食べる機会が増えてきます。
簡単にめん類だけで済ませていませんか?
めん類だけでは糖質に偏り、栄養バランスは期待できません。
具をプラスして栄養バランスを整えましょう!

 

例)

そうめん  → たまご、トマト、きゅうり をプラス
ざるうどん→ サラダうどん

図

栄養士コラム VOL.9 『大人の肥満の原因は? 』

 

 

大人の肥満は、子どもの肥満のように、細胞数が増加するだけではなく、 細胞の一つ一つが大きくなることによる肥満が多くの方にみられます。

 

一般的に肥満は、消費エネルギー(使ったエネルギー)よりも摂取エネルギー(飲食でとったエネルギー)が多いために起こるといわれています。

 

・・・が、30歳代後半からの肥満は、それに加えて、加齢による代謝の低下が原因にもなっています

 

加齢に伴い 食事・生活を変化させていくことと、代謝を上げる工夫をすることにより、肥満を防ぐことが大切になってきます。

 

 

おにぎり 1個 (約150g)

を消費するための運動

早歩き(80m/分) 約1時間

おにぎり  illust730

栄養士コラム VOL.8 『一人前ずつ盛り付けよう』

 

 

皆さんは自宅で食事をするとき、どのように盛り付けていますか?
汁物や個数が決まっている料理は一人前ずつ盛り付けをしても、
炒め物や煮物などはつい大皿に盛ってとりわけながら食べていませんか?

 

実は、取り分けスタイルの食事にしてしまうと、 実際に自分が食べている量が分からなくなってしまい、思っている以上に食べ過ぎていることが多くあります。きちんと何をどれくらい食べているのか把握するためにも一人前ずつ盛り付けをして食べることをおすすめします。

 

もし洗い物が増えてしまうことに抵抗がある方は、主食と汁物以外はワンプレートに盛り付けても良いでしょう。ごはんは適量を守って食べるためにも、普段使っているお茶碗を使用することがポイントです。

 

dishup