戸塚西口さとう内科 糖尿病 腎炎 腎不全 甲状腺

糖尿病の治療

     
  alt  
 

基本は3本柱です!

 
 

(1) 食事療法

 ・適正なエネルギー量を摂取
  適正なエネルギー量は、年齢・性別・日々の活動量によって一人ひとり異なります。
 ・栄養バランスのとれた食事
 ・1日3回、規則正しく


 ☆詳しくは、当院の管理栄養士に相談して下さいね。

 
 

(2) 運動療法

 ① 運動の効果

  ・血糖値が下がる ・ストレス解消
  ・体重が減る ・心肺機能がよくなる
  ・血圧が下がる ・体力がつく
 

・インスリンの働きがよくなる

 


 ② 運動の種類
  ●体重60㎏の人が1単位(80㎉)を消費するには・・・

 

  ・早歩き(80m/分) 約18分
  ・ジョギング(軽い) 約10分
  ・自転車(平地時速10km) 約15分
  ・乗り物(電車やバスで立つ) 約35分
  ・掃除(掃く・拭く) 約20分
  ・掃除(電気掃除機 約27分<

 

☆適正運動量については、相談して下さい。
 特に、心臓に持病のある方は、注意が必要です。
☆運動する時間帯は、食後1~2時間が血糖値が最も高くなるため良いとされています。
☆インスリン注射や血糖降下剤を内服されている方は、食前の運動は低血糖の危険があるので、注意が必要です。 

 

 

(3)薬物療法

食事療法と運動療法だけでは血糖コントロールがうまく出来ない時、薬物療法を追加します。
飲み薬を用いる内服療法とインスリンなどを注射する自己注射療法の二つがあります。
どの薬物療法を行うかは、患者様の糖尿病のタイプや症状、合併症の進行具合など、様々な要因で決められます。不安な事・分からない事は、何でも相談して下さいね。

 

 

<